建築士の住宅設計【建築士とともに】住宅を設計!
楽しくて快適な住まいつくり

こぼれ話

最近の動向 【建築士 住宅設計【建築士とともに】住宅を設計】

  最近はセキュリティーへの関心が高くなり,工事中の鍵と引渡し時の鍵を変えるのが普通です。メーカーによれば,一つのキーの差込口で工事中と引渡し後のキーを別にする機能を持たせたものもあります。
  シックハウスについても関心が高くなってきています。建材でF4は,ホルムアルデヒロの含有量が少ないのですが,多用すれば微量の合計となり,室内含有量はオーバーすることもあります。
弊社では,工事中の現場敷地内の禁煙はもとより,竣工後のホルムアルデヒト測定を行っています。

こぼれ話

こぼれ話:土地探し 【建築士 住宅設計【建築士とともに】住宅を設計】

 以前 知人が見つけてきた土地で設計依頼を受けました。話を聞くとその土地は周辺価格より安く,売買条件もかなり良く,即決しないと他に持っていかれる可能性が高いとのことです。そこで 至急 仲介業者に直接面談する機会を作ってもらいました。
相手は大手仲介業者で担当課長が対応してくれましたが,何となく落着かない感じがしました。そこで「ひょっとして,事件物じゃないですか?」と尋ねてみました。そしたら案の定 5年前に殺人事件があった現場だという説明でした。TVでも放送されたようです。売買の重要事項説明書の中にもその記載が無く「3年経てば重要事項説明書に記載しなくても良い慣習がある」との弁明です。友人は横にすわり,聞きづらいことを ずばずば質問する私にも驚いていましたが,5年前とはいえ そのような説明の無かったことに対しても憤慨し,結局 話は流れました。
建築の専門家(一級建築士)は,できるだけ早く巻き込んで話しを進めたほうが良いという事例です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。