建築士の住宅設計【建築士とともに】住宅を設計!
楽しくて快適な住まいつくり

一級建築士を選ぶ

建築士のタイプ-2 【建築士 住宅設計【建築士とともに】住宅を設計】

 トラブル相談でよく耳にするのが,1・2のパターンです。それは,工事中のトラブルに対して,立場的に施工会社に弱いからです。
 依頼主が まず施工会社に住宅建設の話をすると施工会社は建築士を依頼者に紹介しますが,そのときの設計料は施工会社から建築士に支払われるのです。つまり,建築士が受け取る設計料は施工会社から支払われるのです。そんな形では,建築士が施工会社の顔色をうかがうのは当たり前です。さらに「設計料はサービスします」という言葉はまったくのでたらめで,工事費に上乗せされるのです。(ついでに他の部分も上乗せしているかもしれません)施工会社に強く要望できる立場なのかどうかは,重要なポイントです。

一級建築士を選ぶ

建築士を選ぶ-3 【建築士 住宅設計【建築士とともに】住宅を設計】

 最も理想的なのは,パターン3の建築士で,依頼主と設計監理契約を結んだ建築士です。依頼主と契約を結ぶことによって,建築士は依頼主側にたった設計 及び 監理業務を遂行する事ができるのです。もちろん,依頼主は設計監理料が必要です。
 設計料は概ね工事金額の1割から1.5割の設計監理料となっていますが,その金額は,工法の工夫や施工会社との値交渉,工事の分離発注などによって将来捻出することができますので,トータルコストという点では変わらないと思います。また結果として豊かな空間が残りますし,専門的な提案を受けることや あとあと残るトラブルの交渉を回避することなどを考えたら むしろ安いくらいかもしれません。
 ただし,パターン3であっても人間的・経験的に未熟で独りよがりな建築士も存在するので注意が必要です。

一級建築士を選ぶ

建築士のタイプ-1 【建築士 住宅設計【建築士とともに】住宅を設計】

 それでは,どのように建築士を選べばよいのか,これも問題ですが,常に念頭においてもらいたいことは,建築士は「依頼者側の立場に立って,依頼者の求める空間を現実化させる人である」ということです。だから,短い言葉で述べると,「価値観を共有できる人」を選んだら間違いないでしょう。
建築士には大きく分けて3タイプあります。

        1.施工会社所属の建築士
        2.施工会社と提携している建築士
        3.独立した建築事務所の建築士

 これらのタイプはクライアントとの契約の仕方が違うのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。